アロマの世界 ジャスミンエッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。


エッセンシャルオイルと言う言葉はご存知ですか?アロマセラピーで有名になりましたが、さまざまな植物から取り出した香りの成分のことです。
エッセンシャルオイルは強烈な力を持つ香りの成分ですから、医学的に理解して知識を持った人が処方することできちんとアロマセラピーに用いることでさまざまな効能を見せてくれます。
エッセンシャルオイルの取り出し方はさまざまですが、ジャスミンのように花びらからとる場合にはたくさんの花びらからごく少ししか取れないので非常に高価なものになりがちです。
そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。
天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
このように大変な労力で作製されたジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンと言う言葉の響きは、日本人には柔らかい印象を与えてくれます。アニメの女の子のキャラクターだとか、女の子女の子した印象がありますね。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)と言い、北アフリカやイタリアで主に生産されています。
現在、大量生産で精製度の低い工業用も含めて世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンはこれらのエッセンシャルオイルの中でも、その香りにしろ医学的な効能にしろ、実際に使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルの甘い強烈な香りは、精神的なエネルギーが衰え、無感動、無関心の状態に陥ってしまったときにも、ゆったりと気分を解放して、心理的活性をよみがえらせてくれます。ですから抗うつ治療に使われることでも有名です。
ジャスミンエッセンシャルオイルは中世ヨーロッパでは魔女の秘密の媚薬の主成分としても使われていました。インドではマハラジャのハーレムで男女を奮い立たせる媚薬として使われました。女性にも男性にも、性的な興奮をもたらし、ポテンシャルを高める(インポテンツにも効果的です)ので、勝負下着にこっそりふりかけておくと効果的かもしれませんね。
ジャスミンエッセンシャルオイルには生殖器への効果として他に具体的には、分娩を促進し、痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

古代インドの修行僧が作り出したヨガというエクササイズ

育毛にもいくつか方法があります

あなたに最高の英語力が身につきますよう、心からお祈り申し上げます
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。