アロマの世界 ジャスミンエッセンシャルオイル

ジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?


エッセンシャルオイル(精油)と言う言葉は、最近の日本ではアロマセラピーで有名になりましたが、流通量としては工業用のほうが多い香りのエッセンスで、さまざまな草や木の花びら、樹皮、果皮、種子、あるいは根っこなどから取り出した香りの成分です。

エッセンシャルオイルをジャスミンのような花びらから取り出す場合、山のようなジャスミンから取り出せるエッセンシャルオイルはごく少量です。
ですから、花びらからちょっとしか取れない本来はジャスミンのエッセンシャルオイルは貴重で高価なものになります。安価なものを見かけても注意してくださいね。
雑貨店などで安い値段でそれ風のビンに入れてエッセンシャルオイルを装って売ってある香り付けしたオイルは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、エッセンシャルオイルとは呼べませんし、アロマテラピーに使用することはできません。
さて、それでは実際にアロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイルには、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
ジャスミンの花はご覧になったことがありますか?低い潅木の枝に咲く白くて小さな可愛らしい花です。言葉の響きも優しいですよね。Jasminum officinale(J.grandiflorum)と言うのが正式名称で、アフリカ北部やイタリアが主な生産地ですが、原産地はヒマラヤ地方だということです。
ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてそのエッセンシャルオイルは用途だけでなく、もともとの精油の性質に応じて取り扱いの危険度による分類がなされます。
ジャスミンはこれらの中でも、香りにしろ効能にしろ、使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックで強いものです。主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの歴史的にも有名な効果は催淫効果です。ヨーロッパでは昔から魔女の媚薬の主成分として、インドでは後宮のマハラジャのハーレムで用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
このような催淫効果やインポテンツ治療の効果など、ジャスミンエッセンシャルオイルの泌尿器系や生殖器系への強い効果は、子宮収縮も促すことから分娩促進にも使われますが、逆に子宮収縮が起こると困る妊娠中は危険なエッセンシャルオイルでもあります。そのことは忘れないで使ってくださいね。

★⇒ジャスミンエッセンシャルオイルの事なら楽天で・・・コチラです。★


Shall We 社交ダンス?

三重県 長島温泉

簡単なネイル方法・カルジェル
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。