アロマの世界 ジャスミンエッセンシャルオイル

ジャスミンは最初ヒマラヤで発見されたJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、数メートルの高さになる潅木です。北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤということもあり、寒さに強い植物です。ジャスミンと聞くとどのような印象をお


エッセンシャルオイル(精油)と言う言葉は、最近の日本ではアロマセラピーで有名になりましたが、流通量としては工業用のほうが多い香りのエッセンスで、さまざまな草や木の花びら、樹皮、果皮、種子、あるいは根っこなどから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルは資格を得た、つまりきちんと教育を受けたアロマセラピストによってアロマセラピーに用いられることにより、われわれの心身にさまざまな効果を及ぼしてくれます。
エッセンシャルオイルの取り出し方はその素材が樹皮か、果皮か、種子か、花びらか、などによって大きく変わりますが、そのうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。
雑貨店などで安い値段でそれ風のビンに入れてエッセンシャルオイルを装って売ってある香り付けしたオイルは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、エッセンシャルオイルとは呼べませんし、アロマテラピーに使用することはできません。
アロマセラピーで実際にエッセンシャルオイルがどのような目的でどのような用途に用いられるのか、ここでは引き合いに出してきたジャスミンのエッセンシャルオイルを例にしてみて見ましょう。
ジャスミンと言う言葉の響きは、日本人には柔らかい印象を与えてくれます。らんま1/2などのアニメの女の子のキャラクターだとか、女の子女の子した印象がありますね。ヒマラヤ原産の潅木で、正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)と言い、北アフリカやイタリアで主に生産されています。
ところで、現在アロマセラピーに用いられているエッセンシャルオイル(精油)は100種類以上あると言われています。それぞれにかなり個性がありますが、香りの強さや効能などで大まかなグループわけがなされたりします。

ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックなものですから、主に感情に作用し、疲れた心をあたたかく癒し、失いかけた自信を取り戻させてくれます。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルには生殖器への効果として他に具体的には、分娩を促進し、痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

★⇒ジャスミンエッセンシャルオイルの事なら楽天で・・・コチラです。★


海外旅行の持ち物チェック

愛犬を病気から守ろう

冬のファッションアイテム カシミアマフラー
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。