アロマの世界 ジャスミンエッセンシャルオイル

やさしい名前の響きで、しかもほんわかしたフローラル系に分類されているジャスミンですが、実はアレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。


エッセンシャルオイル(精油)とは、香りの強い、あるいは独特な香りの自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。アロマセラピーが盛んになった1985年ごろから日本でも話題に登るようになりましたね。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、アロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルをジャスミンのような花びらから取り出す場合、山のようなジャスミンから取り出せるエッセンシャルオイルはごく少量です。
ジャスミンのエッセンシャルオイルが高価なのはそのような理由があるのですね。小さなビンにほんのちょっと入った天然エキスは、数千円するのが当たり前です。安い場合は注意してください。

さて、それでは実際にアロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイルには、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
アニメの女の子の名前だとか、ジャスミンティーの印象だとか、女性らしい雰囲気のジャスミンは、花も白くて小さな可愛い花です。主な生産地はイタリアや北アフリカで、Jasminum officinale(J.grandiflorum)が正式名称です。
現在、人気のこともあって世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、精製度が高くて不純物の少ない、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
やさしい響きでフローラル系のジャスミンですが、アレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘くて強烈です。困難に直面して自信を失ってしまったときに役立つエッセンシャルオイル(精油)と言われています。抗うつ治療にも用いられるなど、落ち着かせてかつやる気を出させてくれると手も役に立つエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルのはっきりとした、甘くてエキゾチックな香りの持つもう一つの効果は大体予想通りです、性的なポテンシャルを高めることにあります。昔からインドなどでは媚薬の主成分でしたし、男性の場合、ED(インポテンツ)の治療にもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的らしいです。
ジャスミンエッセンシャルオイルにはさらに、分娩を促進し、痛みを和らげる、ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

★⇒ジャスミンエッセンシャルオイルの事なら楽天で・・・コチラです。★


行ってみたい紅葉スポット

舌の病気と言われているものには・・・

日本三古泉の一つ 有馬温泉
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。