アロマの世界 ジャスミンエッセンシャルオイル

そのため、ジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも大変高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。


エッセンシャルオイル(精油)とは、自然植物の花や葉、木部、果皮、樹皮、根、種子などから取り出した天然成分で、その植物の香りが凝縮されています。
エッセンシャルオイルはさまざまな香りであり、さまざまな効果を持ちますので、アロマセラピストの手にかかり、正しく用いられると驚くべき効能を発揮します。
エッセンシャルオイルの取り出し方は素材が花びらなのか、果物なのか、樹皮なのかなどによってさまざまですが、ジャスミンのように花びらからとる場合にはたくさんの花びらからごく少ししか取れないので非常に高価なものになりがちです。
ジャスミンのエッセンシャルオイルが高価なのはそのような理由があるのですね。山のような花びらから搾り取られた、小さなビンにほんのちょっと入った天然エキスは、数千円するのが当たり前です。安い場合は注意してください。
本当の植物だけを原料とした、天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、困ったことに中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
アロマセラピーで実際にエッセンシャルオイルがどのような目的でどのような用途に用いられるのか、ここでは引き合いに出してきたジャスミンのエッセンシャルオイルを例にしてみて見ましょう。

エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、天然成分とはいえ、エキスを濃縮した劇薬であるともいえます。それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。
ジャスミンはやさしい名前の響きとは裏腹に、強い香りのグループで、直接肌につけるとアレルギーを起こしやすいなど、取り扱い注意のエッセンシャルオイルなのです。
ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘くて強烈です。困難に直面して自信を失ってしまったときに役立つエッセンシャルオイル(精油)と言われています。抗うつ治療にも用いられるなど、落ち着かせてかつやる気を出させてくれると手も役に立つエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの有名な効果は催淫効果です。昔から魔女の媚薬の主成分として用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルには子宮収縮効果もありますので分娩時の陣痛促進にも用いられます。現在の産婦人科においてもそのために分娩室にこのアロマセラピーを施行しているところも少なくありません。ところがこれは、妊娠中には早産の引き金になるのでよくないということになります。知識のない方の場合は妊娠中は安易に使うのではなくて、その辺をよく理解して使ってくださいね。

★⇒ジャスミンエッセンシャルオイルの事なら楽天で・・・コチラです。★


風水で運気アップ!

ウォーキングでダイエット

お洒落なカゴバッグ
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。