アロマの世界 ジャスミンエッセンシャルオイル

ジャスミンの花はご覧になったことがありますか?低い潅木の枝に咲く白くて小さな可愛らしい花です。言葉の響きも優しいですよね。Jasminum officinale(J.grandiflorum)と言うのが正式名称で、アフリカ北部やイタリアが主な生産地ですが、原産地はヒマラヤ地方だということ



エッセンシャルオイルはアロマセラピストによってアロマセラピーに用いられることにより、われわれの心身にさまざまな効果を及ぼしてくれます。
エッセンシャルオイルをジャスミンのような花びらから取り出す場合、これはさまざまな取り出し方の中でももっとも大変なのです。山のようなジャスミンの花から取り出せるエッセンシャルオイルはごく少量です。
花びらから搾り取るジャスミンのエッセンシャルオイルはそういう理由で、ごく少量でも大変に高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。
本当の植物だけを原料とした、天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、困ったことに中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
アロマセラピーで実際にエッセンシャルオイルがどのような目的でどのような用途に用いられるのか、ここでは引き合いに出してきたジャスミンのエッセンシャルオイルを例にしてみて見ましょう。

ところで、現在アロマセラピーに用いられているエッセンシャルオイル(精油)は100種類以上ある(工業用の精製度の低いものを含めるともっと増えるようです)と言われています。それぞれにかなり個性がありますが、香りの強さや効能などで大まかなグループわけがなされたりします。
やさしい響きでフローラル系のジャスミンですが、アレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。

ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は、と言うか予想通りかもしれませんが、催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルには催淫効果と同じ仕組みで子宮収縮効果もありますので分娩時の陣痛促進にも用いられます。ところがこれは、妊娠中には早産の引き金になるのでよくないということになります。その辺、医療関係者以外のあなたはよく理解して使ってくださいね。妊娠中以外は素肌に直接つけたりしない限り、あまり気にしなくて言いようですけれども。

★⇒ジャスミンエッセンシャルオイルの事なら楽天で・・・コチラです。★


中学受験のメリット

中性脂肪が気になる人へ・・・

日帰り温泉を楽しもう!!
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。