エッセンシャルオイルは、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。


エッセンシャルオイルと言う言葉はご存知ですか?アロマセラピーで有名になりましたが、本来は工業用の製品のことでした。さまざまな植物から取り出した香りの成分のことです。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、アロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルの取り出し方のうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
ジャスミンのエッセンシャルオイルが高価なのはそのような理由があるのですね。山のような花びらから搾り取られた、小さなビンにほんのちょっと入った天然エキスは、数千円するのが当たり前です。安い場合は注意してください。
エッセンシャルオイルと良く似たビンに香り付けしたオイルをつめて「アロマオイル」などと称して売ってある場合がありますが、性質も高価も異なりますので本物のジャスミンのエッセンシャルオイルと間違えないようにしてください。
このように大変な労力で作製されたジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンの原産地はスイスですが、今では北アフリカやイタリアが主な生産地のモクセイ科の植物です。数メートル程度に育つ潅木です。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)です。ちょっと古いのですが、昔の杏里の歌に「オリビアを聴きながら」と言うのがあって、その2番の冒頭に「ジャスミンティーは〜♪」というのもあり、柔らかいやさしい印象が強いですね。
ところで、現在アロマセラピーに用いられているエッセンシャルオイル(精油)は100種類以上ある(工業用の精製度の低いものを含めるともっと増えるようです)と言われています。それぞれにかなり個性がありますが、香りの強さや効能などで大まかなグループわけがなされたりします。
やさしい名前の響きで、しかもほんわかしたフローラル系に分類されているジャスミンですが、実はアレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは甘くてエキゾチックで、陶酔と高揚感を誘う豊かな香りです。この香りは、自分に対する信頼と尊重の念と、前向きに進む勇気を取り戻させてくれます。心の沈静と高揚感を同時にもたらしてくれる重宝するエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は、と言うか予想通りかもしれませんが、催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルには他に子宮の収縮を促進してくれる作用があるので、分娩の時には陣痛促進と、スムーズな子宮収縮による安産に効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りはかなり個性的で甘く、エキゾチックで強烈にその存在を主張する強いものです。ですから主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。


エッセンシャルオイルと言う言葉はご存知ですか?アロマセラピーで有名になりましたが、さまざまな植物から取り出した香りの成分のことです。
エッセンシャルオイルはさまざまな香りであり、さまざまな効果を持ちますので、アロマセラピストの手にかかり、正しく用いられると驚くべき効能を発揮します。
エッセンシャルオイルの取り出し方のうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
ジャスミンのエッセンシャルオイルが高価なのはそのような理由があるのですね。小さなビンにほんのちょっと入った天然エキスは、数千円するのが当たり前です。安い場合は注意してください。
本当の植物だけを原料とした、天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、困ったことに中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
エッセンシャルオイルに具体的には、たとえばジャスミンの天然エッセンシャルオイルでは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?
アニメの女の子の名前だとか、ジャスミンティーの印象だとか、女性らしい雰囲気のジャスミンは、花も白くて小さな可愛い花です。主な生産地はイタリアや北アフリカで、Jasminum officinale(J.grandiflorum)が正式名称です。
現在、世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
やさしい響きでフローラル系のジャスミンですが、アレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは花の香り同様、そして多くの女性の方が良くご存知のように、甘くてエキゾチックな香りです。精神への影響としては、鎮静、精神高揚のどちらにも効果的なのですが、疲れた心を癒しながら、やる気を引き出してくれると言う便利な効果があります。抗うつ作用も知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルのはっきりとした、甘くてエキゾチックな香りの持つもう一つの効果は大体予想通りです、性的なポテンシャルを高めることにあります。昔からインドなどでは媚薬の主成分でしたし、男性の場合、ED(インポテンツ)の治療にもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的らしいです。
ジャスミンエッセンシャルオイルには催淫効果と同じ仕組みで子宮収縮効果もありますので分娩時の陣痛促進にも用いられます。ところがこれは、妊娠中には早産の引き金になるのでよくないということになります。その辺、医療関係者以外のあなたはよく理解して使ってくださいね。妊娠中以外は素肌に直接つけたりしない限り、あまり気にしなくて言いようですけれども。

ジャスミンエッセンシャルオイルの生殖器に働く媚薬効果は、実は子宮の収縮を促進してくれるものなので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。


エッセンシャルオイルと言う言葉はご存知ですか?アロマセラピーで有名になりましたが、さまざまな植物から取り出した香りの成分のことです。
エッセンシャルオイルの持つ力は強力なものがあります。ヨーロッパでは古来は魔女の魔法薬でもあったアロマセラピーが、現代では医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルの抽出方法はさまざまです。加熱だったり圧搾だったりそれは材料に応じて変化するのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。
ですから、花びらからちょっとしか取れない本来はジャスミンのエッセンシャルオイルは貴重で高価なものになります。安価なものを見かけても注意してくださいね。
雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。
ジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンはJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤのあたりらしいです。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、天然成分とはいえ、エキスを濃縮した劇薬であるともいえます。それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。
ジャスミンはこれらの中でも、香りにしろ効能にしろ、使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは「香りの王」と呼ばれ、「香りの女王」と称されるローズエッセンシャルオイルと対比されます。甘くてエキゾチックな香りは沈静作用と高揚感発揚の二つの面を合わせもち、抗うつ治療にも使われるエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ別の、でも良く知られた代表的な効能はインドなどでは古くから宮殿で使われていたように、実は催淫効果があるのです。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
このような催淫効果やインポテンツ治療の効果など、ジャスミンエッセンシャルオイルの泌尿器系や生殖器系への強い効果は、子宮収縮も促すことから分娩促進にも使われますが、逆に子宮収縮が起こると困る妊娠中は危険なエッセンシャルオイルでもあります。そのことは忘れないで使ってくださいね。

ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの歴史的にも有名な効果は催淫効果です。ヨーロッパでは昔から魔女の媚薬の主成分として、インドでは後宮のマハラジャのハーレムで用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。


エッセンシャルオイル(精油)は自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。
エッセンシャルオイルはアロマセラピストによってアロマセラピーに用いられることにより、われわれの心身にさまざまな効果を及ぼしてくれます。
エッセンシャルオイルは、素材によって取り出し方も、その効率も大きく様変わりします。たとえばジャスミンなどの場合、大量の花びらからほんの少ししか取り出すことができません。
つまり花びらから圧搾するジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量を作製するだけでも非常に高価な品物になります。極端に安いジャスミンのエッセンシャルオイルには注意してください。
本当の植物だけを原料とした、天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、困ったことに中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
このように大変な労力で作製されたジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンの花はご覧になったことがありますか?白くて小さな可愛らしい花です。言葉の響きも優しいですよね。Jasminum officinale(J.grandiflorum)と言うのが正式名称で、アフリカ北部やイタリアが主な生産地です。
現在、大量生産で精製度の低い工業用も含めて世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンと言うやさしい響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルは「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは甘くてエキゾチックで、陶酔と高揚感を誘う豊かな香りです。この香りは、自分に対する信頼と尊重の念と、前向きに進む勇気を取り戻させてくれます。心の沈静と高揚感を同時にもたらしてくれる重宝するエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの歴史的にも有名な効果は催淫効果です。ヨーロッパでは昔から魔女の媚薬の主成分として、インドでは後宮のマハラジャのハーレムで用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルには子宮収縮効果もありますので分娩時の陣痛促進にも用いられます。現在の産婦人科においてもそのために分娩室にこのアロマセラピーを施行しているところも少なくありません。ところがこれは、妊娠中には早産の引き金になるのでよくないということになります。知識のない方の場合は妊娠中は安易に使うのではなくて、その辺をよく理解して使ってくださいね。

さて、それでは実際にアロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイルには、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?


エッセンシャルオイルは、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルの持つ力は強力なものがあります。ヨーロッパでは古来は魔女の魔法薬でもあったアロマセラピーが、現代では医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルの取り出し方のうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
そのようにたくさんの植物を必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。
エッセンシャルオイルと良く似たビンに香り付けしたオイルをつめて「アロマオイル」などと称して売ってある場合がありますが、性質も高価も異なりますので本物のジャスミンのエッセンシャルオイルと間違えないようにしてください。
実際にエッセンシャルオイルがどのような目的でどのような用途に用いられるのか、ジャスミンのエッセンシャルオイルを例にしてみて見ましょう。
ジャスミンは最初ヒマラヤで発見されたJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、数メートルの高さになる潅木です。北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤということもあり、寒さに強い植物です。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
現在、世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンと言うやさしい言葉の響き(日本語の場合だけかもしれませんが)に反して、ジャスミンエッセンシャルオイルは「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックで強いものです。主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの有名な効果は催淫効果です。昔から魔女の媚薬の主成分として用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルには生殖器への効果として他に具体的には、分娩を促進し、痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

現在、世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。


エッセンシャルオイルは、工業用、アロマセラピー用などがありますが、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルはアロマセラピストによってアロマセラピーに用いられることにより、われわれの心身にさまざまな効果を及ぼしてくれます。
エッセンシャルオイルをジャスミンのような花びらから取り出す場合、山のようなジャスミンから取り出せるエッセンシャルオイルはごく少量です。
そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。
天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
さて、アロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイル、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
ジャスミンはJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤのあたりらしいです。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてその中には取り扱いの危険度に応じた分類がなされます。
ジャスミンと言う女の子らしいやさしい名前響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルはエッセンシャルオイルの中では際立って「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックで強いものです。主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ別の、でも良く知られた代表的な効能はインドなどでは古くから宮殿で使われていたように、実は催淫効果があるのです。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルにはさらに、分娩を促進し、痛みを和らげる、ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

エッセンシャルオイルと良く似たビンに香り付けしたオイルをつめて「アロマオイル」などと称して売ってある場合がありますが、性質も高価も異なりますので本物のジャスミンのエッセンシャルオイルと間違えないようにしてください。


エッセンシャルオイル(精油)と言う言葉は、最近の日本ではアロマセラピーで有名になりましたが、流通量としては工業用のほうが多い香りのエッセンスで、さまざまな草や木の花びら、樹皮、果皮、種子、あるいは根っこなどから取り出した香りの成分です。

エッセンシャルオイルをジャスミンのような花びらから取り出す場合、山のようなジャスミンから取り出せるエッセンシャルオイルはごく少量です。
そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。
エッセンシャルオイルと良く似たビンに(これは完全に消費者が間違うことを期待してのものだと思います。)香り付けしたオイルをつめて「アロマオイル」などと称して売ってある場合がありますが、性質も高価も異なりますので本物のジャスミンのエッセンシャルオイルと間違えないようにしてください。
実際にエッセンシャルオイルがどのような目的でどのような用途に用いられるのか、ジャスミンのエッセンシャルオイルを例にしてみて見ましょう。
ジャスミンは最初ヒマラヤで発見されたJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、数メートルの高さになる潅木です。北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤということもあり、寒さに強い植物です。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
現在、大量生産で精製度の低い工業用も含めて世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンはこれらのエッセンシャルオイルの中でも、その香りにしろ医学的な効能にしろ、実際に使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは花の香り同様、そして多くの女性の方が良くご存知のように、甘くてエキゾチックな香りです。精神への影響としては、鎮静、精神高揚のどちらにも効果的なのですが、疲れた心を癒しながら、やる気を引き出してくれると言う便利な効果があります。抗うつ作用も知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は、と言うか予想通りかもしれませんが、催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルには子宮収縮効果もありますので分娩時の陣痛促進にも用いられます。現在の産婦人科においてもそのために分娩室にこのアロマセラピーを施行しているところも少なくありません。ところがこれは、妊娠中には早産の引き金になるのでよくないということになります。知識のない方の場合は妊娠中は安易に使うのではなくて、その辺をよく理解して使ってくださいね。

現在、人気のこともあって世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、精製度が高くて不純物の少ない、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。


エッセンシャルオイル(精油)とは、香りの強い、あるいは独特な香りの自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。アロマセラピーが盛んになった1985年ごろから日本でも話題に登るようになりましたね。
エッセンシャルオイルの持つ力は強力なものがあります。ヨーロッパでは古来は魔女の魔法薬でもあったアロマセラピーが、現代では医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルの取り出し方はその素材が樹皮か、果皮か、種子か、花びらか、などによって大きく変わりますが、そのうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
つまりジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも非常に高価な品物になります。極端に安いジャスミンのエッセンシャルオイルには注意してください。
エッセンシャルオイルと呼んでいいのは伝統的な手法で抽出された天然成分100%のものだけなのですが、キャリアオイルに香りの成分だけをつけたものが「アロマオイル」と称して売られていたりします。安物買いに気をつけてください。効果は比べ物になりません。
さて、アロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイル、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
ジャスミンは北アフリカやイタリアが主な生産地のモクセイ科の植物です。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)です。杏里の歌に「オリビアを聴きながら」と言うのがあって、その2番の冒頭に「ジャスミンティーは〜♪」というのもあり、柔らかいやさしい印象が強いですね。
ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてそのエッセンシャルオイルは用途だけでなく、もともとの精油の性質に応じて取り扱いの危険度による分類がなされます。
ジャスミンと言うやさしい響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルは「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックなものですから、主に感情に作用し、疲れた心をあたたかく癒し、失いかけた自信を取り戻させてくれます。
ジャスミンエッセンシャルオイルは魔女の秘密の媚薬の主成分としても使われていました。女性にも男性にも、性的な興奮をもたらし、ポテンシャルを高める(インポテンツにも効果的です)ので、勝負下着にこっそりふりかけておくと効果的かもしれませんね
ジャスミンエッセンシャルオイルには他に子宮の収縮を促進してくれる作用があるので、分娩の時には陣痛促進と、スムーズな子宮収縮による安産に効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックなものですから、主に感情に作用し、疲れた心をあたたかく癒し、失いかけた自信を取り戻させてくれます。


エッセンシャルオイル(精油)とは、香りの強い、あるいは独特な香りの自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。アロマセラピーが盛んになった1985年ごろから日本でも話題に登るようになりましたね。
エッセンシャルオイルの持つ力は強力なものがあります。ヨーロッパでは古来は魔女の魔法薬でもあったアロマセラピーが、現代では医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルの抽出方法はさまざまです。加熱だったり圧搾だったりそれは材料に応じて変化するのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。
つまりジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも非常に高価な品物になります。極端に安いジャスミンのエッセンシャルオイルには注意してください。
天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
ジャスミンの天然エッセンシャルオイルは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?
アニメの女の子の名前だとか、ジャスミンティーの印象だとか、女性らしい雰囲気のジャスミンは、花も白くて小さな可愛い花です。主な生産地はイタリアや北アフリカで、Jasminum officinale(J.grandiflorum)が正式名称です。
現在、世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンはこれらのエッセンシャルオイルの中でも、その香りにしろ医学的な効能にしろ、実際に使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルの甘い強烈な香りは、精神的なエネルギーが衰え、無感動、無関心の状態に陥ってしまったときにも、ゆったりと気分を解放して、心理的活性をよみがえらせてくれます。ですから抗うつ治療に使われることでも有名です。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの有名な効果は催淫効果です。昔から魔女の媚薬の主成分として用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルには媚薬や鎮静剤としての効果のほかにも子宮の収縮を促進してくれるので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

エッセンシャルオイルは、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。


エッセンシャルオイルは、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルはさまざまな香りであり、さまざまな効果を持ちますので、アロマセラピストの手にかかり、正しく用いられると驚くべき効能を発揮します。
エッセンシャルオイルの抽出方法はさまざまです。加熱だったり圧搾だったりそれは材料に応じて変化するのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。
そのため、ジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも大変高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。
雑貨店などで安い値段でそれ風のビンに入れてエッセンシャルオイルを装って売ってある香り付けしたオイルは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、エッセンシャルオイルとは呼べませんし、アロマテラピーに使用することはできません。
ジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?
アニメの女の子の名前だとか、ジャスミンティーの印象だとか、女性らしい雰囲気のジャスミンは、花も白くて小さな可愛い花です。主な生産地はイタリアや北アフリカで、Jasminum officinale(J.grandiflorum)が正式名称です。
エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。
ジャスミンはやさしい名前の響きとは裏腹に、強い香りのグループで、直接肌につけるとアレルギーを起こしやすいなど、取り扱い注意のエッセンシャルオイルなのです。
ジャスミンエッセンシャルオイルは甘くてエキゾチックな香りです。精神への影響としては、鎮静、精神高揚のどちらにも効果的なのですが、疲れた心を癒しながら、やる気を引き出してくれると言う便利な効果があります。抗うつ作用も知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルは魔女の秘密の媚薬の主成分としても使われていました。女性にも男性にも、性的な興奮をもたらし、ポテンシャルを高める(インポテンツにも効果的です)ので、勝負下着にこっそりふりかけておくと効果的かもしれませんね
ジャスミンエッセンシャルオイルには媚薬や鎮静剤としての効果のほかにも子宮の収縮を促進してくれるので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

現在、世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。


エッセンシャルオイル(精油)と言う言葉は、アロマセラピーで有名になりましたが、さまざまな草や木の花びら、樹皮、果皮、種子、あるいは根っこなどから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、アロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルの抽出方法は加熱だったり圧搾だったりさまざまなのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。
そのため、ジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも大変高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。
エッセンシャルオイルと良く似たビンに香り付けしたオイルをつめて「アロマオイル」などと称して売ってある場合がありますが、性質も高価も異なりますので本物のジャスミンのエッセンシャルオイルと間違えないようにしてください。
このように大変な労力で作製されたジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンはJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤのあたりらしいです。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、天然成分とはいえ、エキスを濃縮した劇薬であるともいえます。それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。
ジャスミンはやさしい女の子のような名前の響きとは裏腹に、けっこうはっきりした強い香りのグループで、しかも直接肌につけるとアレルギーを起こしやすいなど、取り扱い注意のエッセンシャルオイルなのです。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックで強いものです。主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルには他に子宮の収縮を促進してくれる作用があるので、分娩の時には陣痛促進と、スムーズな子宮収縮による安産に効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてその中には取り扱いの危険度に応じた分類がなされます。


エッセンシャルオイル(精油)は自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。
エッセンシャルオイルはさまざまな香りであり、さまざまな効果を持ちますので、アロマセラピストの手にかかり、正しく用いられると驚くべき効能を発揮します。
エッセンシャルオイルの取り出し方はさまざまですが、ジャスミンのように花びらからとる場合にはたくさんの花びらからごく少ししか取れないので非常に高価なものになりがちです。
ジャスミンのエッセンシャルオイルが高価なのはそのような理由があるのですね。山のような花びらから搾り取られた、小さなビンにほんのちょっと入った天然エキスは、数千円するのが当たり前です。安い場合は注意してください。
雑貨店などで売ってある香り付けしたオイルは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、エッセンシャルオイルとは呼べませんし、アロマテラピーに使用することはできません。
天然のジャスミンエッセンシャルオイルはこのように高価な、薬と言ってもいいものですが、具体的にはどのように使われるのでしょうか?実際にちょっと見てみましょう。
ジャスミンは最初ヒマラヤで発見されたJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、数メートルの高さになる潅木です。北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤということもあり、寒さに強い植物です。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、天然成分とはいえ、エキスを濃縮した劇薬であるともいえます。それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。
ジャスミンはやさしい名前の響きとは裏腹に、強い香りのグループで、直接肌につけるとアレルギーを起こしやすいなど、取り扱い注意のエッセンシャルオイルなのです。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りはかなり個性的で甘く、エキゾチックで強烈にその存在を主張する強いものです。ですから主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ別の、でも良く知られた代表的な効能はインドなどでは古くから宮殿で使われていたように、実は催淫効果があるのです。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルの媚薬効果は、子宮を収縮させる効果があるので、臨月の妊婦の分娩を促進し、そして逆にその痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

ジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?


エッセンシャルオイル(精油)とは、香りの強い、あるいは独特な香りの自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。アロマセラピーが盛んになった1985年ごろから日本でも話題に登るようになりましたね。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、アロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルの取り出し方はその素材が樹皮か、果皮か、種子か、花びらか、などによって大きく変わりますが、そのうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
ジャスミンのエッセンシャルオイルが高価なのはそのような理由があるのですね。小さなビンにほんのちょっと入った天然エキスは、数千円するのが当たり前です。安い場合は注意してください。
エッセンシャルオイルと呼んでいいのは伝統的な手法で抽出された天然成分100%のものだけなのですが、キャリアオイルに香りの成分だけをつけたものが「アロマオイル」と称して売られていたりします。安物買いに気をつけてください。効果は比べ物になりません。
ジャスミンの天然エッセンシャルオイルは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンの原産地はスイスですが、今では北アフリカやイタリアが主な生産地のモクセイ科の植物です。数メートル程度に育つ潅木です。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)です。ちょっと古いのですが、昔の杏里の歌に「オリビアを聴きながら」と言うのがあって、その2番の冒頭に「ジャスミンティーは〜♪」というのもあり、柔らかいやさしい印象が強いですね。
ところで、現在アロマセラピーに用いられているエッセンシャルオイル(精油)は100種類以上あると言われています。それぞれにかなり個性がありますが、香りの強さや効能などで大まかなグループわけがなされたりします。
ジャスミンはやさしい女の子のような名前の響きとは裏腹に、けっこうはっきりした強い香りのグループで、しかも直接肌につけるとアレルギーを起こしやすいなど、取り扱い注意のエッセンシャルオイルなのです。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りはかなり個性的で甘く、エキゾチックで強烈にその存在を主張する強いものです。ですから主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルのはっきりとした、甘くてエキゾチックな香りの持つもう一つの効果は大体予想通りです、性的なポテンシャルを高めることにあります。昔からインドなどでは媚薬の主成分でしたし、男性の場合、ED(インポテンツ)の治療にもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的らしいです。
催淫効果やインポテンツ治療の効果など、ジャスミンエッセンシャルオイルは泌尿器系や生殖器系への効果が強いものがあります。すなわち、この香りによって刺激される神経系の作用で子宮収縮も促すことから分娩促進にも使われますが、逆に子宮収縮が起こると困る妊娠中は危険なエッセンシャルオイルでもあります。そのことは忘れないで使ってくださいね。

そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。


エッセンシャルオイルは、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルの持つ力はヨーロッパではアロマセラピーが医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルの取り出し方は素材が花びらなのか、果物なのか、樹皮なのかなどによってさまざまですが、ジャスミンのように花びらからとる場合にはたくさんの花びらからごく少ししか取れないので非常に高価なものになりがちです。
そのため、ジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも大変高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。
時々見かける商品で、特に安いものに雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。
エッセンシャルオイルに具体的には、たとえばジャスミンの天然エッセンシャルオイルでは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?
高橋留美子のアニメの女の子の名前だとか、おしゃれなジャスミンティーの印象だとか、女性らしい雰囲気のジャスミンは、数メートルになる潅木の本体に茂る花も白くて小さな可愛い花です。主な生産地はイタリアや北アフリカで、Jasminum officinale(J.grandiflorum)が正式名称です。
エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。
ジャスミンと言うやさしい響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルは「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは花の香り同様、そして多くの女性の方が良くご存知のように、甘くてエキゾチックな香りです。精神への影響としては、鎮静、精神高揚のどちらにも効果的なのですが、疲れた心を癒しながら、やる気を引き出してくれると言う便利な効果があります。抗うつ作用も知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの歴史的にも有名な効果は催淫効果です。ヨーロッパでは昔から魔女の媚薬の主成分として、インドでは後宮のマハラジャのハーレムで用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルには生殖器への効果として他に具体的には、分娩を促進し、痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

さて、アロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイル、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?


エッセンシャルオイル(精油)とは、香りの強い、あるいは独特な香りの自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。アロマセラピーが盛んになった1985年ごろから日本でも話題に登るようになりましたね。
エッセンシャルオイルの持つ力はヨーロッパではアロマセラピーが医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルは、素材によって取り出し方も、その効率も大きく様変わりします。たとえばジャスミンなどの場合、大量の花びらからほんの少ししか取り出すことができません。
そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。
時々見かける商品で、特に安いものに雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。
エッセンシャルオイルに具体的には、たとえばジャスミンの天然エッセンシャルオイルでは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンの花はご覧になったことがありますか?白くて小さな可愛らしい花です。言葉の響きも優しいですよね。Jasminum officinale(J.grandiflorum)と言うのが正式名称で、アフリカ北部やイタリアが主な生産地です。
ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてそのエッセンシャルオイルは用途だけでなく、もともとの精油の性質に応じて取り扱いの危険度による分類がなされます。
ジャスミンと言う女の子らしいやさしい名前響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルはエッセンシャルオイルの中では際立って「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックなものですから、主に感情に作用し、疲れた心をあたたかく癒し、失いかけた自信を取り戻させてくれます。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は、と言うか予想通りかもしれませんが、催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルの生殖器に働く媚薬効果は、実は子宮の収縮を促進してくれるものなので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。


エッセンシャルオイル(精油)と言う言葉は、最近の日本ではアロマセラピーで有名になりましたが、流通量としては工業用のほうが多い香りのエッセンスで、さまざまな草や木の花びら、樹皮、果皮、種子、あるいは根っこなどから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルの持つ力は強力なものがあります。ヨーロッパでは古来は魔女の魔法薬でもあったアロマセラピーが、現代では医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルをジャスミンのような花びらから取り出す場合、これはさまざまな取り出し方の中でももっとも大変なのです。山のようなジャスミンの花から取り出せるエッセンシャルオイルはごく少量です。
そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。
エッセンシャルオイルと良く似たビンに香り付けしたオイルをつめて「アロマオイル」などと称して売ってある場合がありますが、性質も高価も異なりますので本物のジャスミンのエッセンシャルオイルと間違えないようにしてください。
さて、それでは実際にアロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイルには、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
ジャスミンは北アフリカやイタリアが主な生産地のモクセイ科の植物です。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)です。杏里の歌に「オリビアを聴きながら」と言うのがあって、その2番の冒頭に「ジャスミンティーは〜♪」というのもあり、柔らかいやさしい印象が強いですね。
エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、天然成分とはいえ、エキスを濃縮した劇薬であるともいえます。それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。
ジャスミンはこれらのエッセンシャルオイルの中でも、その香りにしろ医学的な効能にしろ、実際に使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは花の香り同様、そして多くの女性の方が良くご存知のように、甘くてエキゾチックな香りです。精神への影響としては、鎮静、精神高揚のどちらにも効果的なのですが、疲れた心を癒しながら、やる気を引き出してくれると言う便利な効果があります。抗うつ作用も知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は、と言うか予想通りかもしれませんが、催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルの媚薬効果は、子宮を収縮させる効果があるので、臨月の妊婦の分娩を促進し、そして逆にその痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

雑貨店などで安い値段でそれ風のビンに入れてエッセンシャルオイルを装って売ってある香り付けしたオイルは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、エッセンシャルオイルとは呼べませんし、アロマテラピーに使用することはできません。


エッセンシャルオイルは、工業用、アロマセラピー用などがありますが、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルの持つ力はヨーロッパではアロマセラピーが医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルの取り出し方のうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
花びらから搾り取るジャスミンのエッセンシャルオイルはそういう理由で、ごく少量でも大変に高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。
本当の植物だけを原料とした、天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、困ったことに中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
さて、それでは実際にアロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイルには、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
ジャスミンはJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤのあたりらしいです。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
現在、人気のこともあって世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、精製度が高くて不純物の少ない、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンと言う女の子らしいやさしい名前響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルはエッセンシャルオイルの中では際立って「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りはかなり個性的で甘く、エキゾチックで強烈にその存在を主張する強いものです。ですから主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルのはっきりとした、甘くてエキゾチックな香りの持つもう一つの効果は大体予想通りです、性的なポテンシャルを高めることにあります。昔からインドなどでは媚薬の主成分でしたし、男性の場合、ED(インポテンツ)の治療にもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的らしいです。
ジャスミンエッセンシャルオイルには生殖器への効果として他に具体的には、分娩を促進し、痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。

ジャスミンのエッセンシャルオイルが高価なのはそのような理由があるのですね。山のような花びらから搾り取られた、小さなビンにほんのちょっと入った天然エキスは、数千円するのが当たり前です。安い場合は注意してください。


エッセンシャルオイル(精油)と言う言葉は、アロマセラピーで有名になりましたが、さまざまな草や木の花びら、樹皮、果皮、種子、あるいは根っこなどから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルは強烈な力を持つ香りの成分ですから、きちんとアロマセラピーに用いることでさまざまな効能を見せてくれます。
エッセンシャルオイルの抽出方法はさまざまです。加熱だったり圧搾だったりそれは材料に応じて変化するのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。
つまり花びらから圧搾するジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量を作製するだけでも非常に高価な品物になります。極端に安いジャスミンのエッセンシャルオイルには注意してください。
雑貨店などで安い値段でそれ風のビンに入れてエッセンシャルオイルを装って売ってある香り付けしたオイルは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、エッセンシャルオイルとは呼べませんし、アロマテラピーに使用することはできません。
アロマセラピーで実際にエッセンシャルオイルがどのような目的でどのような用途に用いられるのか、ここでは引き合いに出してきたジャスミンのエッセンシャルオイルを例にしてみて見ましょう。
高橋留美子のアニメの女の子の名前だとか、おしゃれなジャスミンティーの印象だとか、女性らしい雰囲気のジャスミンは、数メートルになる潅木の本体に茂る花も白くて小さな可愛い花です。主な生産地はイタリアや北アフリカで、Jasminum officinale(J.grandiflorum)が正式名称です。
ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてその中には取り扱いの危険度に応じた分類がなされます。
ジャスミンと言うやさしい響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルは「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンエッセンシャルオイルの甘い強烈な香りは、精神的なエネルギーが衰え、無感動、無関心の状態に陥ってしまったときにも、ゆったりと気分を解放して、心理的活性をよみがえらせてくれます。ですから抗うつ治療に使われることでも有名です。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルには他に子宮の収縮を促進してくれる作用があるので、分娩の時には陣痛促進と、スムーズな子宮収縮による安産に効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

エッセンシャルオイルに具体的には、たとえばジャスミンの天然エッセンシャルオイルでは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?


エッセンシャルオイル(精油)とは、自然植物の花や葉、木部、果皮、樹皮、根、種子などから取り出した天然成分で、その植物の香りが凝縮されています。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、薬に匹敵する効果を持ちます。ヨーロッパでは医療資格の一部でもあるアロマセラピストによるアロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルをジャスミンのような花びらから取り出す場合、山のようなジャスミンから取り出せるエッセンシャルオイルはごく少量です。
つまりジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも非常に高価な品物になります。極端に安いジャスミンのエッセンシャルオイルには注意してください。
雑貨店などで売ってある香り付けしたオイルは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、エッセンシャルオイルとは呼べませんし、アロマテラピーに使用することはできません。
このように大変な労力で作製されたジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンの原産地はスイスですが、今では北アフリカやイタリアが主な生産地のモクセイ科の植物です。数メートル程度に育つ潅木です。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)です。ちょっと古いのですが、昔の杏里の歌に「オリビアを聴きながら」と言うのがあって、その2番の冒頭に「ジャスミンティーは〜♪」というのもあり、柔らかいやさしい印象が強いですね。
ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてその中には取り扱いの危険度に応じた分類がなされます。
ジャスミンと言うやさしい言葉の響き(日本語の場合だけかもしれませんが)に反して、ジャスミンエッセンシャルオイルは「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンエッセンシャルオイルの甘い強烈な香りは、精神的なエネルギーが衰え、無感動、無関心の状態に陥ってしまったときにも、ゆったりと気分を解放して、心理的活性をよみがえらせてくれます。ですから抗うつ治療に使われることでも有名です。
ジャスミンエッセンシャルオイルのはっきりとした、甘くてエキゾチックな香りの持つもう一つの効果は大体予想通りです、性的なポテンシャルを高めることにあります。昔からインドなどでは媚薬の主成分でしたし、男性の場合、ED(インポテンツ)の治療にもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的らしいです。
ジャスミンエッセンシャルオイルには子宮収縮効果もありますので分娩時の陣痛促進にも用いられます。現在の産婦人科においてもそのために分娩室にこのアロマセラピーを施行しているところも少なくありません。ところがこれは、妊娠中には早産の引き金になるのでよくないということになります。知識のない方の場合は妊娠中は安易に使うのではなくて、その辺をよく理解して使ってくださいね。

雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。


エッセンシャルオイルは、工業用、アロマセラピー用などがありますが、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、薬に匹敵する効果を持ちます。ヨーロッパでは医療資格の一部でもあるアロマセラピストによるアロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルの取り出し方のうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
ですから、花びらからちょっとしか取れない本来はジャスミンのエッセンシャルオイルは貴重で高価なものになります。安価なものを見かけても注意してくださいね。
雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。
このように大変な労力で作製されたジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?
高橋留美子のアニメの女の子の名前だとか、おしゃれなジャスミンティーの印象だとか、女性らしい雰囲気のジャスミンは、数メートルになる潅木の本体に茂る花も白くて小さな可愛い花です。主な生産地はイタリアや北アフリカで、Jasminum officinale(J.grandiflorum)が正式名称です。
現在世界中で主にアロマセラピーに用いられているエッセンシャルオイル(精油)は100種類以上あると言われています。アロマセラピストたちはこれをもちろんすべて記憶していて駆使するのですが、それぞれにかなり個性がありますが、香りの強さや効能などで大まかなグループわけがなされたりします。
やさしい名前の響きで、しかもほんわかしたフローラル系に分類されているジャスミンですが、実はアレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックで強いものです。主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの有名な効果は催淫効果です。昔から魔女の媚薬の主成分として用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
催淫効果やインポテンツ治療の効果など、ジャスミンエッセンシャルオイルは泌尿器系や生殖器系への効果が強いものがあります。すなわち、この香りによって刺激される神経系の作用で子宮収縮も促すことから分娩促進にも使われますが、逆に子宮収縮が起こると困る妊娠中は危険なエッセンシャルオイルでもあります。そのことは忘れないで使ってくださいね。
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。